HOME  >   商品情報  >   牧草作業機  >   NEW HOLLAND ディスクバイン

NEW HOLLAND ディスクバイン

NEW HOLLAND ディスクバイン

素早くクリーンなカット。みごとな腕前の刈り取り名人。

作物の栄養価を出来るだけ損なわず収穫 牧草の栄養価へのこだわりも、農作業の大切なポイント。
「ニューホランドディスクバイン」には、刈り取った作物の栄養価を出来るだけ損なわずに、ベストコンディションを保つための配慮を随所に施しています。その上あらゆる条件での高速作業も大きな魅力。

思い通りに刈り取り 「ディスクカッターバー」

ディスクカッターバー カッティングエッジが2つ付いたリバーシブルタイプナイフにより、きれいな刈り取りや牧草のはね上げを行います。 また、ニューホランド独自のモジュラー設計が、ディスクカッターバーの損傷を最小限にくい止めます。

優しくコンディショニング 「シェブロンラバーロール」

シェブロンラバーロール コンディショニング部は、高い実績を誇るシェブロンラバーロールを採用。 あらゆる方向に入った牧草も確実に優しくコンディショニングを行います。 また独自のスパイラル設計により草の茎全体を均一に押しつぶすため、乾燥効果も抜群です。
トーションバー、ロールプレッシャーシステムはフローテーションの変化や草の厚さにかかわらず一定の圧力をかけます。

用途に応じてウインドロー調整

ウインドロー幅調整 ベーラーやハーベスター作業に応じて、最適なウインドローの幅やふくらみを調整。工具を必要とせず、簡単に操作することが出来ます。

さらに、デスクバイン313SBには3つの大きな特長が備わっています。

1. スイングで機動性をアップ
センターピボットタングは、センターポジションから左右に38.5度スイングして、前のウインドローの中央にトラクターを持っていきます。 これで、優れた機動性能が発揮され、最高の作業効率が得られます。

2. 搬送ロックでタングを固定。
ピボットタングの搬送ロックは、搬送の際に安全装置として、タングをセンターポジションに固定します。

3. ストーンガードを標準装備。
カッターバーには特製のストーンガードを装備しており、クイックチェンジナイフアタッチ(オプション)に対応します。 この特別な設計により、競合モデルでは4回個別にディスクを回転させる代わりに313SBは1回180度ディスクを回すだけでナイフを交換することができます。
デスクバイン313SB



主要諸元表

商品名 H7230 H7330 313SB
カッターバー ディスク数 8
ナイフ数 (枚) 16(2枚/ローター)
刈り幅 (mm) 3,160 4,000
草の排出状態 スワース (mm) 2,134 3,000
ウインドロー (mm) 914〜2,134 900〜2,400
コンディショナータイプ シェブロンラバーロール フレール(120枚) シェブロンラバーロール
諸元 全高 (移動時)(mm) 1,700 2,260
全高 (作業時)(mm) 1,300 2,000
全幅 (移動時)(mm) 3,400 4,000
全幅 (作業時)(mm) 4,600 6,500
全長 (移動時)(mm) 5,300 8,400
全長 (作業時)(mm) 5,200 5,400 7,000
所要馬力 (PS) 80 90
このページの先頭へ↑
資料請求番号 NO.018 NEW HOLLAND ディスクバイン
商品のカタログ請求はこちら  >>  

ニューホランド