HOME  >   商品情報  >   耕起作業機  >   breviglieri パワーハロー搭載シーダー

breviglieri パワーハロー搭載シーダー

breviglieri パワーハロー搭載シーダー

新時代農業に向けて新たな提案 〜複合作業のすすめ〜

パワーハロー搭載型ドリルシーダー 近年の異常気象の影響を受け、集中的に大量の雨が降る事が多くなり、短期間で大面積を効率良く作業する事が求められる様になりました。
ブレビィギリエリのパワーハロー搭載シーダーSMIは、砕土/鎮圧/播種の3工程を一度に行う理想的な機械です。
SMIを使う事で作業時間の短縮はもちろんの事、圃場へトラクターが入る回数が減るので、踏圧による硬盤層ができにくくなり、透水性が保たれ、作物にとってより良い土中環境を作ります。また作業工程の短縮が結果的に燃料代の節約にもつながり、コスト削減にもなります。

ギアボックス

ギアボックス メンテナンスフリーのオイル注入式ギアボックスを標準装備。1ヘクタール当たりの播種量を2kgから840kgの範囲で無段階に調整可能

フィードロール

フィードロール 大麦、小麦、えんどう豆,そば、米などの比較的大きな種子用と、牧草、菜種などの小さな種子用のフィードロールが一体化しており、用途に合わせて簡単に選択可能です。

2重蒔きを軽減

フィードローラー 本体左側のフィードローラーの駆動を止める事により、圃場端部の2重蒔きを減らす事ができます。 これにより大切な種子のロスや密蒔きによる生育障害を防げます。

播種コルターは2種類から選択

シュータイプ ダブルディスクタイプ 播種部はシュータイプとダブルディスクタイプの2種類から、圃場条件に合わせてお選び頂けます。
また、播種コルター部はピンを外して、先端部のみ交換が可能。管理コストを大幅に削減することができます。

信頼のMek120シリーズ

ケージローラー パッカーローラー 小径ローター パワーハロー部はMek120シリーズを採用。ブレビィ社独自の小径ローターは、低馬力で砕土性が良いのが大きな特徴。播種床作りに最適です。
ローラーは、土壌条件に合わせてケージ/パッカーの2種類から選択できます。

抜群の重量バランス 〜安全作業へ〜

フィードローラー 新たなドッキング方式を採用し、従来機と比べて重心が前方に大きく移動。トラクターとのマッチングバランスが大幅に改善され、道路走行時の安全性も向上しました。
リヤローラー上に種子ホッパーが来る設計のため、パワーハローの作業深度に関係なく、安定した播種深度を保てます。

種子投入ステップ

フィードローラー 重い種子袋を容易に投入できるように、滑り止め加工された幅広ステップが標準装備されています。

主要諸元表

商品名 SMI250 SMI300
パワーハロー(リアローラー) Mek120-250(ケージ/パッカー) Mek120-300(ケージ/パッカー)
作業幅 (mm) 2,500 3,000
条 数 (条) 20 24
条 間 (mm) 125 125
ホッパー容量 (L) 400 500
このページの先頭へ↑
資料請求番号 NO.099 breviglieri パワーハロー搭載シーダー
商品のカタログ請求はこちら  >>  

ニューホランド