KUHN コンパクトシーダー

畑作作業機

耕起作業と播種作業を1工程で実施!作業能率大幅アップ!

KUHN社のコンパクトシーダーSHシリーズは、ロータリー、パワーハロー、ディスクハロー、ケンブリッジローラーなどに装着することで耕起/整地作業と播種作業を1工程で行え、作業時間の短縮に大きく貢献します。

精密な設定を簡単に行う コントロールボックス

S11コントロールボックス
播種量の調整、セルホイールのON/OFF、ブロワーのON/OFFをトラクターのキャブ内で操作できます。
※ヘクタールあたりの播種量を一定にするには、一定の速度で作業する必要があります。

S30コントロールボックス
S11コントロールボックスに車速連動の機能が追加されたコントロールボックスです。車速に応じて、自動で播種量をコントロールするため、正確な量を播種することができます。
(SH402で選択可/SH402Hは標準装備)

小さな種子も確実に播種 電気式ブロワーモーター

ホッパー内の種子は、ブロワーによってセルホイールへ送られます。小さな種子も確実に送ります。

一定した播種作業 セルホイール

種子の大きさに合わせて、3種類のセルホイール(標準装備)が選択可能。交換は工具不要で簡単に行えます。
■セルホイール小
小さな種子(菜種/アルファルファなど)や粉状の薬剤散布に適しています。
■セルホイール中
大きな種子(グラスやクローバーの混合種など)用の播種に適しています。
■セルホイール大
小麦、ソバ、ライ麦など、大きな種子の播種に適しています。

均一な発芽を実現 8つの散布装置

散布皿を耕起作業機の耕起部と鎮圧ローラーの間に取り付け、全作業幅に渡って一定に種子を散布することで、均一な発芽を実現します。

コンパクトシーダーSHシリーズでの複合作業のメリット!!

経費削減 = ヘクタールあたりのコストを30%削減
作業時間 = ヘクタールあたりにかかる作業時間を50%削減
※プラウ耕と別に播種、鎮圧作業を行った場合と比較しての参考値

組合せは自由!!様々な条件に合わせてSHシリーズは活躍します!

SHシリーズはロータリー、パワーハロー、ディスクハロー、ケンブリッジローラーなど、様々な耕起/整地作業機との組み合わせが可能です。 お客様のニーズに合わせた作業が出来ます。
※コンパクトシーダーの装着にあたっては、取り付け台の製作など、別途加工料金が発生します。

主要諸元表

商品名 SH201 SH402 SH402H
ホッパー容量 (L) 200 380 380
高 さ (mm) 1,011 1,220 1,220
長 さ (mm) 878 1,203 1,203
幅 (mm) 693 603 603
重量(本体) (kg) 72 96 104
最大播種 (播種巾6m/10km/h作業時) 30 kg/ha 120 kg/ha
最小播種量 (播種巾3m/7km/h作業時) 2 kg/ha
播種条数 (条) 8
ブロワーユニット駆動方式 電気式(トラクター電源) 油圧式
コントロールボックス S11 S11 / S30 S30