NEW HOLLAND 圃場生育調査サービス

精密農業関連商品

ドローンを使用した圃場の生育調査サービス

日本ニューホランドでは、ドローンを使用した生育調査サービスを開始致しました。従来、生育調査といえば、専門知識や技術、機材が必要だというイメージがあり、簡単には始められないと思われていたかと思います。
しかし、この生育調査サービスではそれらの知識や技術は全く必要ありません。データが必要な時に撮影し、日本ニューホランドに送信するだけで生育調査ができます。
下記のページをご覧いただき、是非ご検討ください。

生育調査をもっと手軽に

お客様がお持ちのドローンで撮影した画像で、生育調査マップが作成可能。ご自身で撮影していただくことによって、低価格を実現。
カメラはドローンに付属しているカメラで生育調査可能です。
ドローンをお持ちの方は、追加投資することなくすぐにお試しいただけます。


対応しているドローン

この生育調査サービスに対応しているドローンは、DJI製品のドローンです。
Phantomシリーズ、Mavicシリーズが対応しています。
※Mavic Mini , Spark , 3DR SOLO は非対応です。
スマート送信機(モニター一体型)はご利用いただけません。


ご利用方法

お客様がご自身で生育調査をしたい圃場を撮影して頂きます。その撮影したデータを日本ニューホランドへ送信すると、撮影データを解析処理して生育分析
マップを提供します。
撮影については、無料の専用アプリをインストールして頂き、そのアプリを使用して圃場を上空から撮影します。
初めての方でも簡単に使うことができるアプリです。


提供データ

お客様が撮影し、送信していただいたデータはニューホランドが解析処理をした後に、通常の見た目の「オルソ画像」と、生育の良し悪しを色で塗り分けた「生育調査マップ」の2種類をPDFレポートで郵送、または送信します。
期間については、7営業日以内に解析処理が完了し、お客様へデータを送信します。(郵送の場合+配送日)


生育調査の流れ

1.最寄りの営業所へお申込み
2.ご自身で圃場をドローンで撮影します
3.撮影データを送信(または郵送)
4.データ解析処理
5.解析結果をPDFレポートでお客様へ送信(または郵送)

※の部分がお客様に行なっていただく作業です